全然知らない人が大きな箱を持ってきて「いつもご主人にはお世話になっております」と言って去っていった。不審に思いながら、箱を開けてみた結果・・・