ハク「私のことは、『ハク様』と呼べっ!」千尋「うぅ……ごめんね、ハク」