女「こ、これは私が待ち望んでいた理想の告白っ!?」