提督「恥を承知で頼む、俺の――――になってくれ!」